関西学生囲碁連盟規約

〔第1章〕 総則
  第1条
   本連盟は関西学生囲碁連盟と称する。
  第2条
   本連盟は関西地区における学生囲碁の健全な発達と普及を図ることを目的とする。
  第3条
   本連盟は前条に定める目的の達成のため、次の事項を行う。
    1.各種行事
    2.記録の作成と資料の保存
    3.学生囲碁の宣伝普及
    4.その他本連盟の目的の達成に資する一切の事項
  第4条
   本連盟は全日本学生囲碁連盟の傘下とし、以下の団体によって構成される。
    1.団体戦に参加する意志のある大学囲碁部および同好会(以下、連盟校)
    2.上記以外の大学囲碁部および同好会(以下、準連盟校)



〔第2章〕 役員
  第5条
   本連盟に次の役員をおく。(以下、幹事執行部)
     1.会  長 (1名、本連盟を統括し、かつ代表する)
     2.副会長(1名もしくは2名、会長を補佐し、会長に事故のある時はその任務を代行する)
     3.顧問 (1名、幹事会において推薦、本連盟の幹事会に出席し、意見を述べることができる)
     4. 主に本連盟における各種行事の運営を主体的に行う学生役員として
      代表幹事、副代表幹事、会計幹事および広報幹事(各役員、任期は原則1年 )
     5.執行部補佐 (1名もしくは2名、代表幹事らによる各種行事の運営・幹事会を補佐し、
      第25条による調査小委員会の役割も兼ねる)



〔第3章〕 事務局
 第6条
   本連盟の事務局は学生役員によって構成されるものとする。
  第7条
   事務局は本連盟の運営の実務に関して全責任を負う。
     (特に第15条に定める決算案の作成、幹事会で承認された予算の執行ならびに各種行事の実行)
  第8条
   記録の作成と資料の保存は事務局(主に広報幹事 )の責務とする。
  第9条
   本連盟の事務局を代表幹事の現住所に置く。



〔第4章〕 連盟校幹事および準連盟校幹事
  第10条
    連盟校幹事および準連盟校幹事は各大学につき1名とし、その選出方法は各大学囲碁部に委任する。
  第11条
    連盟校幹事・準連盟校幹事(以下、各大学幹事)は次の行為を義務付けられる。
     1.幹事会における審議と議決
     2.本連盟と各大学幹事の選出母体である大学囲碁部員との連絡
     3.本連盟に関わりのある限りでの当該団体の会計と庶務、
      および関西地区における各大学囲碁部の連盟加盟費の納入
     4.各種行事の際の学生役員(事務局)の補佐



〔第5章〕 役員・幹事の合同協議会
  第12条
    本連盟の役員・幹事の合同会議(以下、これを幹事会と称することにする)は会長、副会長、学生役員、
    および各大学幹事により構成される。
  第13条
    定例幹事会は、毎年2月・5月 ・6月・11月に会長が招集し、代表幹事がこれを主宰する。
  第14条
    臨時幹事会は次の場合に開催される。
     1.代表幹事 がその必要を認めた場合
     2.3名以上の各大学幹事からの要請があった場合
  第15条
    幹事会は次の事項を審議し、議決する。
     1.役員の人事
     2.予算と決算
     3.行事の新設(立案、実施方法、対局細則ならびに行事の実施のための渉外方針等の取り決め)
      または廃止、および既設行事の内容の変更
     4.連盟費等の改訂
     5.連盟規約の改正
     6.連盟の目的達成のために必要なその他の事項
  第16条
    幹事会は構成員全員の3分の2以上の出席(委任状を含む)を以て成立し、
    その議決は出席者の過半数の賛成を以て成立する。
    但し、賛否同数のときは代表幹事がこれを決する。(幹事執行部・各大学幹事の不信任案も含む)
 第17条
   幹事会とは別に、事務連絡を密にするために幹事連絡会を設ける。
   幹事連絡会は、代表幹事の招集により、随時これを開催する。
  第18条
    本連盟の幹事会(定例幹事会・臨時幹事会を含む)に欠席する場合は代理を立てることを義務付ける。
    各大学の幹事の欠席、もしくは代理が3回以上続いた場合、幹事執行部で罰則を科される。
    (内容については第26条に記載)



〔第6章〕 連盟校および準連盟校
 第19条
    各連盟校・準連盟校は毎年5月の幹事会議まで に次の事項を記載した書類を事務局に提出しなければならない。
     1.名称
     2.所在地および連絡場所
     3.役員の氏名と加盟校名ならびにその所在地
     4.幹事会が必要と認めたその他の事項
第20条
   各加盟団体(連盟校) は細則に定める連盟加盟費・上納金、および幹事会がその都度定めるその他の臨時費を
納入しなければならない。
第21条
   連盟加盟費と上納金はそれぞれ7000円、合計14000円と定める。連盟加盟校はそれぞれを年2回(前期・後期)、
   事務局に納めなければならない。
   各連盟加盟校の大学幹事は上記の額の連盟加盟費と上納金を、春季・秋季関西リーグにて行われる幹事会議において
   事務局に納めること。
   事務局は連盟加盟費の管理の責務を負う。また上納金を全日本学生囲碁連盟に納めなければならない。
第22条
   本連盟に新たに加盟しようとする 関西地区の大学囲碁部・および同好会は第19条に規定する事項を記載した
   加盟申請書を提出し、幹事会の承認を得たのち、連盟加盟費と上納金 を納入しなければならない。



〔第7章〕 会計
第23条
   本連盟の経費は、連盟加盟費 、補助金、本連盟が主催する行事への協賛金、およびその他の収入(寄付金等 )を以て、
   これに充てる。
第24条
   会計年度は4月1日に始まり 、翌年3月31日を以て終わる。
第25条
   本連盟の資産(預金通帳、事務用品等)は、会計幹事が管理し、責任を持って次期会計幹事に引き継ぐものとする。



〔第8章〕 罰則
第26条
   本連盟は、本連盟の規約に違反した加盟団体に対して、幹事会の中に組織される調査小委員会の報告に基づく幹事会の
   議決によって、あるいは警告を発し、あるいは加盟の抹消を行うことができる。



〔第9章〕 規約の改正
第27条
   本規約の条項の改廃は、本規約第16条の規定にもかかわらず、幹事会の構成員の3分の2以上の出席(委任状を含む)
   と出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。



〔第10章〕 附則
第28条
   本規約は平成19(2007)年2月19日より発効する。


平成23年5月1日一部改定
平成23年11月26日一部改定


ページトップへもどる
 
inserted by FC2 system