関西学生囲碁連盟 試合細則

第1章 団体戦
 (1)順位
    順位は勝数に従う。勝数の等しい場合は、勝点数によって決定する。
    勝数が等しく、また勝点数が等しい場合は、直接対決で決定する。
    それでも決まらない場合は、登録した 主将〜五将の順の勝数で決定する。
 
 (2)選手の登録と出場
    1.各チームは正選手5名を、その順位とともに登録する。
      登録後の氏名及び順位の変更は認めない。
    2.登録選手が5名に満たない場合、主将及び副将を空位とすることはできない。
      また、全ての対局で 主将及び副将を空位とすることはできない。
    3.各チームは2名以内を補欠選手として登録し、必要に応じてこれを補充することができる。
      また、補欠選手の補充の有無に関わらず、
      各試合前に所定の用紙にオーダーを記入し執行部に指定時間内までに提出する。
     4.正選手または補欠選手として登録されていないものが、出場選手となることはできない。
    5.正選手または補欠選手の資格は、学部在学の者に限る。(大学院生の参加は認めない)
    6.上記の正選手及び補欠選手の登録は第1試合の開始時までに、その手続きを完了しなければならない。
      登録未完了のチームの出場については、幹事執行部が裁定する。
    7.次の場合、当該選手は反則負けとなる。
      イ)正選手が、登録ポジション以外のポジションで対局した場合。
      ロ)上記3.の規則に違反して補欠選手が対局した場合。
    8.入れ替え戦を行う場合、各大学は部員の中から5名を選出する。
    9.春季と秋期の優勝校が異なる場合、両期の優勝校にてプレーオフを行う。
      なお、選手の選出方法においては入れ替え戦に準ずる。
 
 (3)試合の方法
    1.先番・後番は主将が握って決め、副将以下は交互にその順に従って対局し、先番6目半コミ出しとする。
    2.対局には、原則として手合い時計を使用する。
      持ち時間は各1時間とし、時間切れ後は1手30秒の秒読みとする。
    3.対局開始時刻までに、各チームはその試合に出場する選手を順位に従って対戦表に記入する。
      これ以降のその試合での選手変更は一切認めない。
      これに反して選手変更を行った場合は当該選手を不戦敗とする。
    4.対局は日本棋院囲碁規約に従って行うものとする。
      その他、予期せぬトラブルが生じた場合は幹事執行部が裁定する。

(4)勝敗
    1.定刻を20分過ぎても出場選手が着席しない場合は、不戦敗とする。
      但し、然るべき理由があるときは幹事執行部の裁定により、対局を認める場合もある。
    2.両チームの同位選手が、ともに不出場の場合は、双方不戦敗とする。
    3.勝敗が決したときは勝利チームの主将が速やかに受付に報告する。


第2章 個人戦
 1.先番、後番は握りによって決め、先番6目半コミ出しとする。
 2.定刻を20分過ぎても出場選手が着席しない場合は不戦敗とする。
 3.勝敗が決したときは勝者が速やかに結果を受付に報告する。
 4.本連盟が定める試合に申し込んだにも関わらず、正当な理由なく欠場することはできない。
   特に悪質な場合は本人およびその所属大学を1年間の出場停止処分にすることもある。
   5.参加人数が30人を超える大会の場合、幹事執行部で大会運営方法を決定する。
 6.その他、対局に関しては日本棋院囲碁規約にしたがって行うものとする。


第3章 附則
  1.当試合細則の解釈及び適用について疑義の生じた場合は代表幹事(もしくは幹事執行部)が裁定する。
 2.この細則に定める(代表幹事もしくは幹事執行部)の裁定に不服があるときは、
   関西学生囲碁連盟会長(以下連盟会長と称する)に提訴することができる。
    提訴は、書面をもって行うものとする。
    当該書面は、直接に代表幹事に手渡されなければならない。
    その場合、代表幹事は遅延なく連盟会長に連絡をとるものとする。

平成18年12月29日発効
平成19年11月1日一部改定
平成23年11月26日一部改定
関西学生囲碁連盟



ページトップへもどる
inserted by FC2 system